blogwatan 

アクセスカウンタ

zoom RSS お金を貯める方法

<<   作成日時 : 2015/12/13 22:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

お金を貯めるにはどうしたらいいか、地方在住、庶民派代表の私が、今回、独自の理屈を繰り広げたいと思います。

お金を貯めたい、、、

そんなことを、思ったことがある人は、少なくないと思います。

はっ、お前ごとき無名な貧乏人に、お金を貯める方法なんぞ、聞きたいとは思わんわ。この三下奴が!

なんてことを仰りたい御仁もいらっしゃることと思います。

分かっています。私は決して有名でも成功者ではありません。寧ろ、世の中の下の方の階層に位置する無名な人間かもしれません。

でも、誰かの役に立てたらいいかな、と思うんです。見えないところで、私よりもお金に苦労している人達が、この国の中に大勢いるわけです。いつもお金のことに悩まされている人達の何かのヒントになれば良いと思うのです。
とりあえず、理屈で説明出来ることがあるので、興味がある方は読んでください。


さて、お金を貯めるためにはどうしたらよいか?

一つは、入って来るお金が、出て行くお金よりも多くなければなりません。
収入が支出よりも多くないといけません。

収入がない方は、まずは何らかの収入が必要です。
そうしないとちょっと話にならないと思います。
収入がない状態で、お金を貯めよう、なんてことを考えている方は、それは無理です。


次に、では、収入があるけれども、お金が貯まらない、という方、私が今回話したいのはこのタイプの人達です。
真面目に仕事をして、給料を得て生活をしている。そういう人は多くいると思います。しかし、なかなかお金が貯まらない。いつもお金のことを気にしている。なんていう人はいませんか。

ところで、「貯める」ということはどういうことか、どういう現象か?そこを考えてみると、あるパターンが抽出されます。

日本語で、「ためる」というと、「貯める」のほかに、「溜める」、という言葉がありますよね。

お金が貯まるのと、ゴミが溜まるのと、現象としては同じである、というふうにまず考えてみます。

ついてこれますか?

お金とゴミは全くちがうやん!?

何いうてんの、あほちゃう?

しかし、溜まるという現象においては、同じであると思うんですね。

お金が溜まるのもゴミが溜まるのも、疲れが溜まるのも、人が溜まるのも、何かそこに、まとまってものが残ってしまう、という現象があります。

それがお金であればありがたいですよね。思いもよらず、お金が貯まっていたらうれしいですよね

でも、ゴミやら、雑務やら、洗い物やら、洗濯ものやら、疲れやら、借金やらが溜まっていたら、それはありがたくないですよね。

もう一度、溜まるという現象を分析してみます。

何故、ものがそこに溜まるのか?

それは、ためようとして溜まっているのではなく、ためるつもりがなかったのに、気がついたらそこに溜まって山になっている、ということだ、といえないでしょうか?

ためるつもりはないのだけど、片付けるつもりが、怠慢、あるいは多忙によって、他の用事に追われ、長期に渡って放っておいた結果、思っていた以上にものが溜まっている。それが溜まるという現象だといえます。

つまり、溜めるためには、一時的に、それを放置するということが必要だといえそうです。

ゴミがあることを忘れて、それを放置しておくと、ゴミは自然と溜まります。

お金も同様で、お金があることを忘れ、使わないでおけば、別の時にその存在に気がついた時に、それが貯まったような感じになります。

次に、ではどうやったら、お金があることを忘れられるでしょうか?

いろいろあると思います。お金のことを考えず、お金を使う暇がない状態で、とりあえず、仕事に勤しんでいれば貯まりそうです。

他の方法もあります。お金の保管場所を忘れる、という手もあります。

よく、タンス預金とか、へそくりとかいいますが、手っ取り早い方法が貯金箱ですよね。

いろいろな動物の形の貯金箱とかありますよね。小銭をチャリンチャリン入れるやつです。私も、招き猫の形の貯金箱を使っています。いくら入っているか、数えてみないとわかりません。数えるのも面倒なくらいです。

そう、お金がそこにあるんだけど、いくらか分からない、数えるのが面倒だ。

これこそが、お金が貯まっている、という状態ではないでしょうか?

以前は、自分は貯金箱に1円やら5円やら10円ばかり貯金していたのですが、あるとき、奮発して500円玉を貯金しました。その後も100円玉、50円玉など小銭のなかでも、大きめのお金をいれるようになりました。だから、もしかすると、貯金箱で2〜3万円は貯まっているのでは、と思います。

この、たまに、貯金額を増やす、というのも、貯めるコツですよね。自分で、貯金額を分からなくしてしまう。
結果的にそれが、予想以上に貯めることにつながっていると思うわけです。

この原理を応用して、金額を大きくして、札だけを貯金する、という中級者向け?のテクニックもあります。
この「札貯金」というものを思いついた時、自分は、シメシメ、いいことを考えた、と思ったんですが、何と、100円ショップに行った時に、この札貯金箱を見つけたんですね!その時はちょっとした感動を覚えました。そういうこと考える人やっぱいるんだと。

この札だけ貯金は面白いですよ。たまにそこからその貯金箱を振って中身を何枚か出して使ったりとかしているんですがね(笑)で、結局いくら入っているのかわかりません。

ということで、以上、申し上げて来たことは所詮、貧乏人の些細な営みでしょうが、それでも、小銭が貯まると嬉しいもんです。

ほんのちょっとかもしれませんが、気持ちに余裕が出来ます。

お金を貯めたい、という方は実践してみていただき、何か喜びを感じてもらえれば幸いです。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

お金を貯める方法 blogwatan /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる