blogwatan 

アクセスカウンタ

zoom RSS 個の育成

<<   作成日時 : 2015/12/13 21:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

日本のサッカーが世界で勝つためには、個の育成が、課題である、らしい。

サッカーはチームスポーツであり、個人競技ではないので、個といわれると、ちょっと違和感を覚えるかもしれない。

しかし、本田圭祐もいろいろな場所で発言しているように、個の能力がサッカーの勝敗を決める、という解釈がある。

言い換えると、1対1で負けない、ということだと思われる。

個の育成…

スポーツの世界を見渡すと、個というものが、もの凄くクローズアップされている。クローズアップ個。

クローズアップone。

さて、世の中の経済状態はというと、大手企業が大手を振っている。ドヤ顔で。

大手企業、大手グループ同士の合併、合弁。あるいは、大手による、中小企業の吸収。金の力にものを言わせて、大きな組織はより巨大化。肥大化している。

それは、個の育成、という考え方とは真逆の考え方と思える。とにかく数にものを言わせ、個性というものの尊重などという配慮は、少なくとも私には感じられない。

人々がスポーツ観戦に熱狂するのは、個の活躍であるのに対し、世の中の資本主義システムは、数的有利な強者が圧倒しようとしている。このことは明らかに、矛盾した流れである。

この整合性の欠如が、世の中に大きな不安感と齟齬をもたらしていると思う。

大衆の要求が個の活躍であるのだから、世の中も個を育成する、尊重する空気になるべきだ。

しかし、今の日本の状況をみるとそうはなっていない。日本だけではなく、海外の大きな企業の動きがそうなっているようだ。

私は思うのだが、何とかして、社会全体が個の育成の必要性をもっと意識しないといけないと思う。

個と関連して挙げられるのは、少数派、マイノリティである。

マイノリティでありながら、しっかり意志を持って生きている人がいる。確実にいる。

そういう人の意志が尊重され、そして、そこに高いパフォーマンスを発揮している人がいるのなら、それは守られなければならない。

なんとかして、大資本の力で個がつぶされないようにしなければならない。

人間の意志の力によって。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

個の育成 blogwatan /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる